ペット保険選びに迷ったら保険スクエア bang!

ペット保険って相当迷いますよね。

私も迷っている一人です。

そんな方に朗報!

一括資料請求できるサイトを見つけました!

お急ぎの方は目次のまとめをお読みください。

ペット保険とは

人間には社会保険や国民健康保険がありますよね。

そのため年齢にもよりますが、医療費が3割負担で済んだりします。

でもわんちゃんや猫ちゃんなどのペットはそういった保険が加入しないとないため

実費となってしまいます。

そういった負担を少しでも減らしてくれるのがペット保険なんです。

じゃあどんなペット保険に入ればいいの?と思いますよね。

月々にかかる掛け金が高い・安いや入院手術のみに対応の保険・通院にも使える手厚い保険など様々あります。

それを比較でき、一括で資料請求できるのが保険スクエア bang!なんです。

保険の種類

前述でも書いた通り、手術や入院のみに対応している保険もあれば通院にも対応している保険があります。

虎介が入っている保険は通院型です。

理由は入院・手術型だと普段の通院に使えないこと。

保険料は入院・手術型の方が安いですが、そんなに頻繁に入院や手術ってしませんよね。

でも通院って結構しませんか?

「鼻水が出ている」「嘔吐する」「ご飯を食べない」「元気がない」

このようなことで通院した経験ありませんか?

簡単な処置なのに支払いが1万円超えてしまったなんてザラです。

その負担を最小限にしてくれるのが通院型のペット保険なんです。

大体のペット保険では70%(負担金30%)、50%(負担金50%)の選択があり、

それによって掛け金が違います。

窓口で使える保険もあれば自分で申請をして振り込まれる保険もあります。

私は現在、自分で申請型にしていますが、頭数も増えたので掛け金は高くなりますが、

来年からは窓口対応のものに変える予定です。

窓口対応に変える理由

結論から言います。

申請が面倒なんです!

簡単な保険もあるのかもしれませんが、いちいち写真撮って記入して申請。

間違っていたら再提出。

それでも通らないことがある。

面倒くさがりの私には向いていないと申請型の保険に入って思ったことです。

確かに保険料は安いです。

でも何せ申請が面倒。

それも今や4匹の猫飼い。

4匹分やるとなったら手間で仕方ない。

それなら一層のこと窓口対応型に変えようと思ったのです。

もう一つ理由があり、窓口対応の保険だと保険証があるんです!

それも写真付き!!

我が家の可愛い子の写真が載った保険証があるなんて素晴らしくないですか?

私は保険証欲しさと申請しなくてもいい点で窓口対応の保険を選びました。

窓口対応の保険

窓口対応の保険は知る限り、2社しかありません。

それは「アイペット」と「アニコム」です。

ペットを飼われている方なら聞いたことあるのではないでしょうか。

保険料もさほど変わりません。

ただ加入できる年齢やペットの種類が違います。

犬猫はどちらも対応していますが、うさぎや鳥などは現在(2022年11月1日)はアニコムしか対応していません。

他の申請型であれば対応している保険もありますが、窓口対応の保険はアニコムだけです。

それを比較するために資料が必要ですよね。

でもいちいち検索して比較するのって面倒じゃないですか?

一括で資料請求したくないですか?

そんな夢のようなことを可能にしてくれるのが保険スクエアbang!なんです。

まとめ

最後にペット保険の概要を簡単にまとめます。

・ペットは加入しない限り窓口負担は10割

・ペット保険には通院型と入院・手術型の大きく分けて2種類ある

・通院型は窓口対応保険と自身で申請する申請型の2種類がある

・窓口対応の保険はアイペットとアニコム

コメント